布おむつ:6ヶ月に1回のディープクレンジング 2016年04月28日

 

 

ディープクレンジング、といっても、お肌の事ではありません。布おむつのメンテナンスのお洗濯のお話です。お洗濯日和があれば試してみませんか?

布おむつはお手持ちの衣類の中で多分一番お洗濯回数が多いアイテムです。しっかりすすぎをしているつもりでも、洗剤残りが少しずつ溜まってしまっていることがあります。

この洗剤残り、長い間使っている時の、「少し吸収が悪いな」、「臭いの取れが悪いかも」、と感じる場合の原因、であることが多いです。こんな時は洗剤残りをディープクレンジングすることで、すっきり感が増したりします。

ディープクレンジングの方法は以下のとおり。

 

1.洗剤を入れずにすすぎを1回。お湯が使える洗濯機であれば、40度までを目安にご利用ください。

2.脱水をせずに、いつも通りに洗剤を入れて、今度は洗い・すすぎ、を行います。この時に、できればすすぎ時間を長めに設定できれば効果的です。

3.すすぎが終わったら、今度は洗剤を入れずに、洗い・すすぎ、を行います 

4.最後にもう一度、すすぎを行います。この時、洗剤の泡が残っていれば、再度すすぎを行います。泡がないことを確認して、脱水、で完了です。

  

布おむつのご利用頻度にもよりますが、6ヶ月以上に1回が目安です。

布おむつ卒業によってしばらく使わないで保管する前のお洗濯にもおすすめです。

また、肌あれクリームを使っての布おむつの着用も、クリームを落としきれずに布おむつの吸収力を低下させる事があります。クリームを使う日が続いた時には、1と3の手順でのお洗濯をおすすめします。