布おむつ:洗い方 2015年06月10日

こんばんは。

布おむつは簡単⭐︎というメッセージ、まずは先日装着についてご説明しました。
引き続き、布おむつは簡単、というメッセージを発信する試み第2弾、とても気になる洗い方編です。

1.おしっこまたはうんちをキャッチしてくれたプレフォルドを予洗いします。布おむつカバーも汚れていたらご一緒に。うんちは落とせるものはお手洗いに流します。落ちにくいものは、お手洗いでトイレットペーパーを使って少し落としたり、お手洗いに専用のブラシを用意して汚れ落としに使うと予洗いも簡単です。我が家ではバケツに水を流し入れるようにして洗い流しています。バケツに溜まったお水はお手洗いへ流します。

2. 予洗いが終わったものを絞ってバケツへ。Cushie Tushiesの本国のサイトではそのまま付け置きをせずにためておくよう説明があります。これは、水に溜めおくとその分バクテリアが繁殖するという考え方からです。日本では重曹やアルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)などを溶かした水に浸け置く方法がよく使われているようですが、生地を傷めてしまうこともありますので、注意してください。Cushie Tushiesの布おむつは特におしっこの汚れものとうんちの汚れものを分ける必要はありません。バケツ一つです。

 

3. 予洗いが終わったものが溜まったら、通常のお洋服を洗濯するように、洗濯機で冷水で洗います。生地の痛みを最小限にするためには、24時間以内にお洗濯してください。お洗濯の量が少なくても、お水の量を減らさないで下さい。プレフォルドは吸水性がよいので、お洗濯中もたくさんのお水を吸っています⭐︎

 

4. 洗濯機が洗ってくれた布おむつをお日様の下干します。おひさまが自然の消臭・漂白をしてくれるので、できる限り天日干ししてください。やむを得ず乾燥機を使う場合には低めの温度でお願いします。

 

以上、簡単な4ステップでご紹介致しました。こちらの布おむつの使い方ではさらに詳しくご紹介しています。合わせてご参照下さい。