布おむつの使い方

 


クゥシィトゥシィズの使い方

⚪︎ 新生児への着用は: 

  • プレフォルドを縦長に三つ折りにします。
  • 新生児の長さに合うよう、折り返しをして調節します。
  • カバーの背の部分にこのプリフォルドをのせます。おむつのできあがりです。
  • 新生児をおむつにのせ、おむつをお腹に向けてかぶせます。
  • お腹の上にきたカバーを折り返し、カバー裏面についているスナップをつかっておむつを止めます。

 ⚪︎ もう少し大きくなったら: 

  • プレフォルドを縦長に三つ折りにします。
  • カバーの背の部分にこのプリフォルドをのせます。おむつのできあがりです。
  • 赤ちゃんをおむつにのせ、おむつをお腹に向けてかぶせます。
  • お腹の上にきたカバーをスナップで止めます。

⚪︎ 夜に使う時には: 

  • 赤ちゃんが6時間以上まとめて眠るようになれば、夜用にはプリフォルドを2枚重ねて使いましょう。
  • プリフォルド2枚を縦長に三つ折りにし、重ねてカバーに乗せます。夜用おむつのできあがりです。

⚪︎ おむつを交換する時には: 

  • 必ずスナップ自体を指でつまんで留め外しして下さい。ペルトや生地をひっぱりながらスナップを取り外すと、スナップが生地から取れてしまったり、生地が破れたりする恐れがあります。
  • カバーとプレフォルドを下洗いし、バケツに保管します。下の洗い方を参照してください。

 こちらのお知らせのページ(簡単布おむつ)でも写真入りで簡単にご紹介しています。

動画でもご確認頂けます。

新生児への取り付け方は↓の動画をご確認ください。

また、ご利用頂いたお客様から、「パンツスタイルでも着用できる」とのお知らせを頂きました。
パンツスタイルとしての利用を念頭にしたデザインではありませんので、スムーズにできない場合もございますが、ご参考になればと思います。

1. スナップをあらかじめ留めておいてパンツ型に。中にはプレフォルドをセットしておきます。
2. パンツを履かせるように片足ずつを通します。
3. しっかりおしりを包めるように、ベルト部分をお腹まで持ってきてフィットさせます。この時にウエストに合わせてスナップを調整してください。
4. 赤ちゃんのおなか側と背中側を両手ではさむようにして、カバーの中のプレフォルドをつまみながら前後に調整します。 

 

布おむつは何枚必要?

布おむつを使いたいと思う人が悩むポイントの一つが数。私自身も現在進行形で試行錯誤の毎日でした。
色々な生活パターンに合わせて必要枚数は変わってきますが、私たちは日中セットとして6枚を提案しています。
これは、朝起きてから夜寝るまでの12時間を、2時間ずつの交換を目安として換算しています。

日中セット自体を提案しているのは、私自身が夜には紙おむつを使用していたからです。
紙おむつはなるべく避けたいけれど、「漏れてしまうかも」「濡れている感触が赤ちゃんを起こしてしまうのでは、、」というストレスを軽減するには思い切って紙おむつを使う、というのが私には合っていました。
また、外出の時にも、あまりオムツ交換ができにくいお出かけには紙おむつを併用しています。特に赤ちゃんの排便のタイミングがわかるようになると(外出中にはあまり排便をしないという赤ちゃんのお話も聞きますし!)、そのタイミングを狙って紙おむつを利用することもストレス軽減になりました。外出時との併用では、例えば帰宅に向かってのおむつ交換のタイミングでは布おむつを利用、という使い方もオススメです。もちろん、まずはおうちでゆっくりできる時から初めてみるのも良いと思います。このように、併用をする生活パターンであれば、日中は6枚で十分という感触があります。

ただ、6枚では次の日の分は足りませんし、6枚だけを使い回すとそれだけ布おむつ自体もくたびれます。
私は当初(別のブランドの布おむつ)5枚を1日おきに、という使い方をしていましたが、やはり1年もしないうちにほころびが出てきました。布おむつ生活が軌道にのり、布おむつの利用が多くなれば、なるべく多めの数を揃えて生地を傷めないよう使っていくのが望ましいかと思います。

布おむつには色々なタイプや柄があり、お洋服のようにお子様に合ったものを揃えていきたいもの。すでにいくつかお持ちのコレクションに追加しやすいよう、全てのセットでお色が選べるようになっています。生活スタイルにあった買い足しができますように!

 

クシィトゥシィズの洗い方

⚪︎ まずはじめに:    

  • 最初のご利用の前に、プレフォルドを8時間以上お水につけて下さい。脱水ののち、よく乾かします。吸収力を高めるためですので、必ずお願いします。

⚪︎ おむつを使った後には:

  • 必ずスナップ自体を指でつまんで取り外して下さい。ペルトや生地をひっぱりながらスナップを取り外すと、スナップが生地から取れてしまったり、生地が破れたりする恐れがあります。
  • 流水でおしっこを流します。うんちは少ししっかりめに手洗いします。汚れたお水はトイレへ流しましょう。
  • 本国オーストラリアでは、水につけずにバケツにためておく、と紹介されています。日本では重曹やアルカリウォッシュ(セスキ炭酸ソーダ)などを溶かした水に浸け置く方法がよく使われているようですが、生地を傷めることがあります。
  • クゥシィトゥシィズのおむつは特におしっこのものとうんちのものを分けてためたり浸け置く必要はありません。両方おなじバケツにためておけます。
  • どうしてもにおいがするので、バケツは蓋つきのものが良いです。

⚪︎ お洗濯は:

  • 普通のお洋服のように洗濯機で冷水で洗えます。水遊び用おむつは、使用後流水で軽くすすぎの手洗いをしてから洗濯機をご利用ください。
  • 生地を傷みを最小限にするには、24時間をめどにお洗濯をお願いします。
  • 発光剤や柔軟剤、またそれらが入っている洗剤のご利用はお控えください。
  • 日光が自然の消臭・殺菌をしてくれます。漂白剤のご利用もお控えください。
  • ドライクリーニングはできません。
  • できればお日様の下、日干しをして乾かします。
  • 乾燥機をご利用の場合には、低めの温度設定でご利用ください。
  • お洗濯前にカバーを複数回利用される場合には、洗濯ネットをご利用ください。

 こちらのお知らせのページ(布おむつ:洗い方)でも、写真入りで簡単にご紹介しています。

 

素材


  • Cushie Tushiesの商品はすべてオーストラリアでデザインされ、中国にて生産されている中国製です。
  •  

    <Tadpole タドポール布おむつ カバー>

  • 表:コットンラミネート(100%) 裏:ポリエステルメッシュ(100%)
  •  

    <プレフォルド> 

  • 外側:竹繊維(56%)とコットン(24%)とポリエステル(20%)の混紡ベロア地
  • 内側:竹繊維(98%)とポリエステル(2%)の混紡パイル地
  •  

    <おしりふき>

  • 外側:ポリエステル(100%)ミンク地
  • 内側:竹繊維(98%)とポリエステル(2%)の混紡パイル地
  •  

    <防水バッグ>

  • 外側:ポリエステル(100%)ミンク地
  • 内側:コットンラミネート(100%) 

     

    <水遊び用おむつ>

  • 表:コットンラミネート(100%) 裏:ナイロンメッシュ(100%)